『ケイタの問題児一刀両断』

格闘探偵団バトラーツ所属のプロレスラー、自称問題児の矢野啓太が日常を語るブログ
<< こんな会社、辞めてやる*maria | TOP | 青い空 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
オィお前ラクダ臭いゾ
キャメルも、



キャラメルもあるかぁヨガ習えー!!


お前は一人でヨガ習えや山猿〜!




「‥ありがとう。」

山猿〜!

「ありがとう。」

山猿〜!

「ありがとう。」

山猿〜!!

「ありがッ‥」

誉めてへんゎ!!!






という〜

真夜中の公衆トイレで
よく聞こえてくる会話から分かるように、

「山猿」という言葉は、

誉め言葉であると思われる次第でありまする。。




そんなある晩、、

マイプロレスビデオコレクションの中から、


『これからボクの生きていくヒントにならないか!?』と、


あさっていたら、


2003 11/30 NOAH札幌大会のビデオが出てきたので、、、


普通に見ました。


そんなボクって!?!?





福本豊の解説がスキだ。。

例え〜ば

“何としても塁に出たい!”バッター赤星に、



「当たるッちゅーか、かする、。」....発言etc*




福本さんの解説と同じぐらい、

その当時

‘闇”でスキだった(今でもスキだょ○○ちゃん)のゎ、


新日本プロレス
棚橋弘至選手でして、、、(照)


アノ人の肉体、

そして‥

アノ魅力的な発言で、


ボクら、

次世代の若者は、

ビンビンに刺激されたわけです★




どのくらい影響を受けたかというと…‥
あまり大きな声では言えませんが‥…


ボクのデビュー戦(2007 2.25)での入場式の時のボクの挨拶、、、、、


『ボクはバトラーツのリングでプロレスをやりマス!!』


は、実は、



5年前の新日本プロレス雪の札幌で神が降臨した日に、、、

棚橋さんが神に向かって言った…

『ボクは新日本のリングでプロレスをやりマス!!』〜



から来てるんっすょ
(言うなょん)笑笑



まぁ結果的に、
その時の健想サンの
『明るい未来がみえませーん!!』

が、あまりにもインパクトが強すぎまして、、


棚橋さんの発言はあんまりクローズアップされなかった(^^;

そんな!

当時ボク中2の話でした
イェイイェイ(Wピースだょオィ!)




で、夜な夜な観ていたビデオの内容ですがぁ、


当時、
小橋建太と本田多聞が保持していたGHCヘビーのタッグに、

新日本プロレスから永田裕志・棚橋弘至組が挑み、


30分以上の熱戦の末‥

新日組がベルトを奪取するとう〜感じでありました。





試合内容もさることながら‥

棚橋さんが当時やってたプロレス携帯サイトでの、

この時の日記で


「試合前に高熱が出て注射を打ってから、タイトルマッチに挑んだ、。」

というのを思い出しましたねー。


普通に
さすがプロレスラー!スゲェな!と思ったねん♪



でも、
もっと「スゲェな!」ていうか「へぇ〜」と

思ったのは、



ベルト奪取後、

新日本の巡業に戻って来た時に、

周りの関係者から

「棚橋さん変わったねー」などと‥よく言われたらしく、


棚橋さん自身は、

‘王者”になったのはもちろん、、


やはり‘鉄人(小橋)”と交じり合ったことで

「人間を変えてしまった‥」と

言っていた記憶が




不眠症で眠れないボクの頭に、


プレイバックマァー!!!


たしか、棚橋さんはこの

熱出て〜

注射〜

タイトルマッチ〜

ベルト奪取〜

変貌〜


という一連のコトを

今でもプロレス界に入ってから最も印象に残っているコト、と

何かで言ってました(たぶんドラゴンノート)。



そんな大きな声では言えない棚橋“闇’フリークの

矢野山脈ですがボクもプロレスラーになって、


16日(月・祝)大日本での関本戦は、

ボクの脳裏に何もかもブチこまれるような、

“トラウマ必至’の試合になると勝手に踏んでいるのだがッ!!



んじゃあ〜関本戦後は、


棚橋さんが「鉄人」を味わったみたく



いっそ“変わって”みよ〜とキャンペーン!!


だから(SOSHITE)、
桂スタジオでお待ちしておりまするミナサン☆
23:33 | - | comments(0) | trackbacks(1)
スポンサーサイト
23:33 | - | - | -
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://yanokeita.jugem.jp/trackback/48
トラックバック
2007/07/16 12:24 PM
格闘技についての情報を集めさせて頂いています。
格闘技ブログ